高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

30歳までに退職しようと決めた

 とにかく辞めたい。退職自体は前々から、なんなら就職当時からぼんやり考えていたけれど、最近ついにその思いが爆発してしまった。具体的には、同居している恋人に泣き喚いて、つらい死にたい仕事を辞めたいなどと言ってみたりもした。これまで私は、愚痴を言いたいがための形式的な「辞めたい」は何度も口にして来たけども、本心にそう思ったのは初めてだ。情けない話です。

 ただ、ひとりで勝手に退職したい、退職したいと思っているだけでは、その場面ごとの瞬間的な情(「今辞めると途中の仕事が〜」とか「後任がかわいそう〜」だとか)に流されてこのまま歳をとり、この職場でつぶしの効かない人間になっていきそうで正直こわいのだ。
 わたしの損な所は、憎むべき相手に同情してしまうこと。上司も大変だし辛いのも分かる。人事も人手不足でわたしをここに配置せざるを得なかったことも分かる。そんなことを思っているうちに、わたしの辛さは置き去りになってしまう。でも、わたしの辛さは確かにここにあって、もうそれを無視できなくなったのだ。

 だから誰でもいいから、わたしが本当に30歳までに退職できるか、面白半分でもいいから見ていてほしくなった。だれもそんなことに興味はないし、見ていないかもしれない。30歳までには間違って仕事の楽しさに気付いて続けているかもしれない。でも今は辞めたい私がいる。そんな動機で、軽い気持ちでブログを始めてみる。

私の現職について

 私は公務員的なガチガチの職場で事務をしている。浪人後に大学・大学院と進み、今は3年目。事務といえば聞こえはいい。世間的にはまだ、楽な仕事という印象は強いだろうと思う。ただ、実際の事務の現実は厳しい。マニュアル通りにこなすデスクワークというイメージからはかけ離れ、自分の頭であれやこれやこねくり回しながら、面倒な人間関係の中で折衝に気をもみ、企画立案能力も求められ、かつ面倒な事務仕事は増える一方。ハイパーオールマイティー気遣い総合職といった感じだ。その中でも私は法務系のポジションで、職場内のあらゆるトラブル対応を行っている。法務をやっているが、学生時代の専攻は近現代文学だ。

 忙しい時は忙しい。残業は月100は超え続けているけれど、月45時間以上はサビ残だ。とはいえ、忙しいといっても(恐らくは)世の中においては恵まれているほうだから、日付を超えるような残業はない。肉体労働も少ない。取りにくい空気だけれど有給も取れるし、福利厚生の手厚さは抜群。年齢の割に、お給料はそこそこもらえている。それでもこの仕事をしていたくないのです。入職してからの3年間、恵まれたはずの仕事を辞めたいだなんて、ただの甘えじゃないかと散々悩み、苦しみをだましだまし勤務して来た。世間一般と比べて恵まれている職場にいながら辞めたいと思うのかはそのうちまとめて書きたい。

 日々をコツコツ生きながら、退職に至るまでの様子を綴って、30歳になった時に笑って読み返せるといいなと思う。そんなブログです。もしかしたら今後、何かの拍子に吹っ切れてこの仕事を続けるかもしれないし、いい場所に異動して楽しくなり、30歳になっていても続けているかもしれない。退職したいしたいと言っておいて忙殺されてうまくお金に困って続けざるを得ないかもしれない。30歳になった自分のことはまったく見えないけれど、そんな気持ちで書いていきたいと思います。

※12月17日 追記

hazukikose.hatenablog.com