高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

イブに興味ないふたりのイブ

12月24日(木)。夕方から雨。世間はクリスマスイブ。
私は当然仕事です。恋人は夜勤明けで、私が20時過ぎに退勤して帰宅するとまだ寝ていた。ビルメンテナンス業は大変そうだ。

ふたりともイベント事に興味がない人種で、あやかって美味しいものが食べれたらいい程度にしか考えていない。味気ないけど、とても省エネで気楽でいい。形式的なプレゼント交換はだいぶ前に済ませちゃっている。私からは、以前から欲しがっていたビルケンシュトックアリゾナを渡した。冬のプレゼントなのにサンダル。味わい深い。相手からは、Zoffでチタンフレームのメガネを買ってもらった。存在しないみたいに軽いフレーム。なのに視力が低すぎて、超薄型レンズなのに厚さ6ミリになり、存在感も重量感も増し増しになった。数年ぶりの新しいメガネでうれしい。頭良さそうな感じで気に入っている。
f:id:hazukikose:20201226142953j:image

クリスマス自体はどうでもいいけど、チキン食べたいなと思って、道すがらケンタッキーやミスバーガーに寄るも完敗する。予約なしは無謀だった。残念だったけど、どこのケーキ屋さんも行列ができていたり、サラリーマンがホールケーキの箱を慎重に運んでいたり、クリスマスに街も人も浮かれている感じは好きだ。イベントに乗り切れていない自分が置いてきぼりの感じがして、自分の立ち位置というか、考え方が浮き彫りになって心地いい。私はイベントなんてどうでもいい、ただ美味しいものが食べたい現金な人間で、同じくただ美味しいものが食べたいだけの人と幸運にも味気ないイブを過ごすことができている。家の近くのファミマで、最後のふたつだったファミチキを買った。
帰宅して恋人とファミチキをかじりながら、夜ご飯どうする?とぐだぐだする。何にも考えていないこの感じがいい。冷凍していた肉や野菜をフル動員して適当に鍋を作ることにした。以前に買っておいたスガキヤのとんこつ鍋スープで煮込む。スガキヤは愛知県とその周辺に住む人々にとっては、幼い頃から教育されて遺伝子に刻むこまれている因果な味なので、当然に美味しかった。

f:id:hazukikose:20201226142920j:image

夜勤明けに並んで買っておいてくれたらしく、鍋のあとにはタルトが出てきた。L'Avenue des Champs-Elyseesの一切れ1000円くらいするタルト。べらぼうに美味しいやつ。贅沢したくて買ってきたらしい。現金な人だ。

恋人は夜勤明けでしんどいから25日を休みにしたいらしいけど、私は変わらず仕事。なのにソファで寝落ちして、翌朝5時に起きて慌てて風呂を済まることになった。反省。