高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

充実

1月9日(土)。昨日よりは寒くないけど寒い。それだけで強くなれる気がする三連休の初日。充実していた。

10時ごろに起床。今日は昼から心療内科に通院の日だからコロナ禍ではあるけれど栄駅へ行く。恋人と髪を切りに栄に行くらしいから、終わった後に合流して適当にご飯を済ませることにする。愛知県も緊急事態宣言要請するのかな。仕事に影響があるから他人事ではない。

心療内科は今日もめちゃくちゃ混んでいたけれど、圧倒的なオペレーションで1時間かからずに調剤薬局で薬をもらうところまで行けた。この日はとりわけ若い人が多くて悲しくなる。担当の先生からは、薬で元気になれても、根本的なストレスの原因が解消されない限りは注意するようにと言われる。ごもっとも。薬の量は現状維持。ストレスのない規則正しい生活をするよう念を押された。それがいちばん難しかったりするのですかね。

病院終わりに栄駅の地下街のKALDIで珈琲豆と福豆を買っていると、髪型を三ヶ月前に戻した恋人とちょうど合流。栄はコロナの影響か、人出が少ない気もする。前回の緊急事態宣言時はもっとすごかったのだけれども。北野エースに寄ってドレッシングを買いつつ、ずっと行きたかったポテトの専門店が空いていたから昼食として食べた。あらゆる料理の中でもポテトは上位に入るほど好きだ。じゃがいもは冷蔵で長期間保存できるし、何しても美味しいから万能食材だと思う。揚げたてのポテトはホクホクでとても美味しかった。ソースはアンチョビマヨネーズにした。ちゃんとアンチョビの生臭さがして美味しい。近くの席の子どもがずっとおいしいおいしい言いながら食べていて良かった。

f:id:hazukikose:20210110135726j:image

その後は散歩がてらMARUZENに行って本を買い、寒さに耐えかねて早々に帰宅。洗濯物をやっつけて、アウター類にブラシをかけた。無印良品の洋服ブラシ。ウールなどのコートは袖口や肩の部分が傷むけれど、ブラッシングすると新品同様にもどるからすごい。気合を入れてブラッシングをしまくった。気に入った良いアウター数着持って、一着を長く着るには日々の積み重ねが大事なのだと実感。こういうことを日々できるような余裕のある暮らしがしたい。

夜。恋人が焼肉が食べたいと言うので焼肉へ。まだ近所のスーパーは正月明けモードで全然食材が買えないので良しとする。お互いアラサーだから、焼肉に行っても年々、赤身やホルモン中心の注文になっている気がする。白米は注文せずに肉と野菜だけをたらふく食べた。明日の私の血となり肉となるはず。

f:id:hazukikose:20210110135732j:image

三連休ということもあり、2人とも強気に2時くらいまで夜更かしをしていた。私はNetflixで気になっていた「クイーンズ・ギャンビット」をようやく観る。冷戦期におけるチェスの天才少女のストーリー。海外ではこのドラマの影響でチェスをはじめる人が多いらしい。二話目まで観た。薬物問題やアルコール依存症ジェンダーの問題が一貫してあって、一応冷戦期の話なんだけれど、それが現在的な問題でもあることが分かりやすく表現されていて問題意識がすごい。Netflixの気合を感じる。今も昔も変わらないことが多いのだな、という。前評判どおり本当に面白くて、終始暗いぼんやりした映像の色味とか、不穏な音楽が小気味よい。海外のドラマや映画は、日本の多くのそれらと違って、説明しすぎないところが好きだ。メタファーが多くて、「暗にそういうこと」的な映像が多い。夜通し観たかったけれど、今日はたくさん歩いたから疲れたのか、瞼が重たくなってきて就寝。続きを観るのがただただ楽しみ。