高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

用法用量

 1月18日(月)。全てがつらい月曜日。

 ここんところ髪の調子がいい。職場の人にめちゃくちゃ褒められた。
 髪が伸びるのに比例して髪は傷み、先々週くらい前までは切れ毛や絡まりに悩んでいた。それが二週間前の自分。そこで私は、普段使っているトリートメントを多めに付けることにしていた。シャンプーとトリートメントは普段通っている美容院でおすすめされた物。品質は確かなはず。高いし。実際に多めに使うと、次の日の髪はコンディション良好になる。でもすぐに元に戻ってしまう。まだ栄養が足りてないのかも?と、更にトリートメントの量を多くする。あれ?前よりも髪がキシキシになっている感じがする?と、堂々巡り。
 この話をかつてBAをやっていた友人に言うと、「とにかくまずは使い方を守って!」と叱られてしまった。彼女の話によると、商品を使って効果がないと嘆く人ほど、正しい使い方をしていないとのこと。耳が痛い。少なくとも二週間は、シャンプー前に髪をすすぎ、適切にシャンプーして、適切にトリートメントを使い、適切にドライヤーで乾かすよう強く言われた。適切適切って…美容はしんどい。私に美容は向いていない。

 そんなこんなで、ひとまず忠告通りにやってみた。風呂の前にブラッシングし、お湯ですすぎ、シャンプー(500円大に手に取り二度洗い)をし、トリートメント(ロングヘアーで2プッシュを髪全体につけしっかり洗い流す)をした。風呂上りにはすぐにタオルドライして間をあけずにドライヤー。髪から20センチ以上話して地肌や髪の内側から乾かす…こうして書いているだけでもすでに面倒臭い。こんなの毎日していたら、漫画読んだりゲームしたりする時間がなくなっちまうよ。
 ところが二週間経ったら髪だけ仲間由紀恵になりました。拍子抜け。ボロボロだったのが嘘みたい。友人、美容師さん、トリートメントのメーカーさん、本当にすみませんでした。これからは適切な使用を心がけます。すいません。

 とはいえ、日常で使っているものの多くは、「適切」が分からなくて難儀する。洗顔、よく泡だてて洗う、洗い過ぎには注意。歯磨き、歯茎をマッサージするように磨く、磨きすぎには注意。玉ねぎ、きつね色になるまで炒める、炒めすぎに注意。観葉植物、水をよくやる、やりすぎに注意。やりすぎてはだめで、やらないのもだめ。いい塩梅ばかりが求められて正解が分からない。結局、適切ってなんだっけ?となる。病院でもらう薬みたいに用法用量を教えて欲しいよ。
 そして疑心暗鬼になり我流の使い方をする癖のあった私ですが、今後は、まずは公式の説明通りやってみる。これをモットーに頑張りたい。そう思いました。反省。

 今日は仕事も慌しくもそこそこ平和に終わり、7時過ぎに帰宅。同居人のリクエストで、「岐阜タンメン」の塩タンメン鍋にした。岐阜タンメンとは岐阜県周辺に展開するラーメン店。この味をご家庭で楽しめる鍋スープが売っていて、私は岐阜タンメンを食べたことはないけれど、この鍋スープはうまい。キャベツ、もやし、厚揚げ、にんじん、大量の豚肉を入れて雑に煮た。同居人もご満悦でひとまずよかった。食後はおやつタイム。同居人が職場でもらってきたものを豪華な皿にのせて豪華風に食べた。

f:id:hazukikose:20210118231639j:image

 食後、YouTubeを観るなどしてだらだら過ごす。話題の「PUI PUI モルカー」をようやく観る。めちゃくちゃかわいい。PINGUクレイアニメを初めてみたときのような衝撃。アニメに言葉が一切使われていなくて、どの国の人でも楽しめちゃいそうなコミカルな内容、よい。何よりめちゃくちゃかわいい。コマ撮りのとんでもない手間を微塵も感じさせないくらいこいつらのアホ面がかわいい。いいものをみた。推したい。こういう牧歌的なアニメが人の心に響くのは、世間がそういう状況ってことだろうな。結構攻めた場面もあるから牧歌的とも違うか。大人がこぞって難しい考察をしているけれど、子供向けなので、あまり深読みするのもどうかと思い様子を見ている。


TVアニメ『PUI PUI モルカー』PV

 あと、Twitterでバズっていた高校生バンド、LAUSBUBを聴いて寝る準備をした。テクノポップ。中毒性がすごい。でもって才能のかたまり過ぎてちょっと落ち込む。北海道はほんと恐ろしい土地だね。サカナクション山口一郎を生んだのも北海道だ。刺激的な音楽が次々生まれる。あたらしい音楽を貪欲に聴けるような大人として歳を取っていきたい。自戒を込めて。

 12時過ぎに眠気に負けて眠った。

 

soundcloud.com