高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

原点

 2月20日(土)。とても温暖で春が来てしまったよう。

 10時ちょっと前に起床。とてもよく眠れてすっきり目覚めた。疲労が蓄積していたからか、昨夜は泥のように眠り、夢の一つも記憶にない。同居人は一緒に起きたものの、むにゃむにゃ言いながら二度寝していた。お疲れ様です。
 洗濯を済ませて、今週分のPUI PUI モルカーを観ながらお茶タイム。インディー・ジョーンズみたいな冒険好きのモルカーが汚くなって洗われる話だった。今回は人間のほぼ出てこないモルカー回。心が浄化される。そのうちに同居人が起きてきて、コーヒーを淹れてお菓子を貪った。

f:id:hazukikose:20210220234534j:image

 録画しておいた昨夜のMステを観る。millennium paradeのパフォーマンスが最高だった。ミレパ、新譜のアルバムも買ってガシガシ聴いているけれど、音楽だけじゃなくてアートワークもMVも衣装も全てがカッコ良くて、全部含めて作品なんだなという気概をひしひしと感じる。(たまに、曲はいいけどMVが…とかジャケットが…とかあるよね。)クリエイティブ集団なだけある。Mステのパフォーマンス、Mステとは思えないくらいゴリゴリに凝ってて痛快だったし、タモさんがめちゃくちゃ興味深々だったのも印象深かったです。他には、yamaさんや橋本愛さんの歌もよかったな。女性のかすれた歌声はグッと心掴まれる。

 昼食。KALDIの「上海風炒麺」を食べる。インスタント麺はあまり食べないけれどこれは好きで、でもいつも売っているわけではないから見つけたら必ず買う。それくらいには好き。海鮮だしというか塩ベースの味でこってりしてなくて美味しい。パッケージも異様にかわいい。これは見つけたら絶対買いですよ。

f:id:hazukikose:20210220234601j:image

 食後はスーパーで買い出しをして、近所の公園まで散歩をしつつポケモンGOをする。今日は有料のイベントをやっていたのだけれど、私と同居人は参加しておらず、いつも通りの普通のプレイをした。今日は風もささやかで暖かく、久しぶりにコートなしに歩くことができた。スピッツが歌っていたみたいに、春が忍び寄ってくる心地がする。公園にはけっこう立派な東屋があって、そこに座りながらふたり1時間くらいぼんやりしていた。私たち以外にも、大きなお友達(つまり大人たち)がたくさんいて、みんなポケGOをやっているらしかった。異様な光景である。

f:id:hazukikose:20210220234624j:image

f:id:hazukikose:20210220234616j:image

 帰宅後は思い思いにだらだら。同居人はひたすらゲーム。私はキッチンを磨いたりデスクの上を片付けたりしていた。この一週間、あらゆる家事をサボったツケで家の中は散乱していた。調味料を所定の場所に戻したり、ゴミを出したり、洗剤を補充したり、あらゆる負債を解消した。
 神経質な性分だからか、掃除をしたり収納をしたり、空間を整えることが異常に好きだ。小学校のころからお道具箱の整頓が好きだったタイプの人間です。自分自身で整頓や配置のルールを決めて、それを維持するのが好き。細々したものは見えない場所にしまい、場に統一感を持たせて、綺麗に保つことにものすごい達成感を感じる。つまり部屋に手間をかける行為が好きだ。ただ時間も手間もかかるから、忙しい時期にはそれがうまくできない。部屋が汚くなると自分にいま余裕がないんだなと知らされる。今週は自炊も結構サボってしまった。
 ただ、無理をしてまで完璧な自分でいることはよろしくないので、無理せず外食やコンビニに頼り、食器を洗わずに寝て、コンロを油でべちゃべちゃにもしました。今年のテーマは自愛。平日に自分が無理をしないように生きたということで。余裕のある休日の自分がそれらを片付け、釣り合いをとれればよいと思えるようにはなりました。成長。手を抜いても責めない同居人にも感謝感激雨あられです。

 夜ご飯。ハンバーグ、ニョッキ、サラダ。最近めちゃくちゃハンバーグ食べている気がする。リクエストがあったから作ったんですがね。安いので万事OKです。その後、同居人は緊急で呼ばれて2時間ほど仕事へ。本当ビルメンテナンス業は大変だなあと思う。

f:id:hazukikose:20210220234649j:image

 ひとりになった我が家。ひとり時間はひとり時間でうれしい。すぐにお風呂に入り、思い入れのある辞典をパラパラと読む。『コロンビア大学現代文学・文化批評用語辞典』という、近代文学を学ぶ人の間ではよく知られた辞典。院試勉強をしていた時に出会った。あらゆる批評用語が網羅されていて、わかりやすく簡潔に、中立的な視点で書かれている。初学者にはありがたすぎる本で、図書館で見つけて感動した私は、絶版本のプレミアム価格にビビりつつも買った。
f:id:hazukikose:20210221002643j:image

 これのおかげで入試も突破できたし、院生時代はいつも持ち歩いて、授業中に辞典を引いたりしていた。私の原点的な本の一つ。研究から離れた今もこの本は手放せなくて、時折ぱらぱらめくっている。こういう難しい文章は、日々読んで頭を鍛えておかないと読めなくなってしまうから、たまに読んでは当時の感覚を思い出している。自分の現在地を教えてくれるような特別な一冊。現役の頃よりはだいぶ衰えてしまっただろうけれども、それでも読む。この本、何とか復刻してくれないかな。定価が4500円なのに、状態のいいものだと万超えはザラだから初学者には厳しいだろうな、と思う。それでも売れるのはそれだけ名著ということなんだろう。私も、お気に入りの本10冊を選べと言われたら、間違いなくノミネートされるくらいの本だ。辞典なのに。

 11時ごろに同居人帰宅。平和に終わったようだった。よかったよかった。引き続きのんびりして、1時ごろには就寝。