高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

手抜き

 2月24日(水)。快晴。引き締まるような寒さ。

f:id:hazukikose:20210224075416j:image

 6時ごろ起床。今朝は空の色が濃く澄んでいた。いい天気だけれども仕事である。世知辛い。

 仕事。怒涛の仕事。幸いにも自分の部署だけでは進まない仕事をしているから、相手方の部署の担当者が帰ってしまえばその日出来ることがなくなることも多い。それは翌日以降まで仕事が長引くとも言えるし、今日早く帰れるとも言える。本当は全員定時で帰るのが理想なんだろうけれど。残念ながら全員定時に帰ったら消化できない仕事量だから過酷な世だね。実は私は前の世界で悪いことをして地獄に堕とされて、その地獄がこの世界なのでは?と思う。そうすればこの業務量も説明がつく。

 19時過ぎに相手方に電話するとすでに退勤していたため、今日はここまで万事休すとキリをつけて帰宅。本日も濃密だった。

f:id:hazukikose:20210224212948j:image

 20時過ぎに帰宅。同居人の方が少し先に帰ってきていた。手の込んだご飯もダルいから、冷凍してあったパエリアに焼いた鶏ももを雑に乗せ、雑なサラダと食べた。ついでに味玉。こういう日もある。

f:id:hazukikose:20210224212941j:image

 ご飯を食べ皿洗いをしたらもう22時手前。そこから風呂に入り、髪を乾かし、歯を磨いて寝支度を整えてたらあっという間に0時数分前だ。いつもは寝支度を整えて、本を読んだり映画を観たりするのだけど。このままだと生活に殺されると思う。帰宅して生活して仕事行くだけの日々になる。それがいちばん恐ろしい。気をつけていきたい。

 明日は少し早いから0時きっかりに布団に入った。