高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

 2月25日(木)。可もなく不可もない寒さ。

 5時頃起床。今日は仕事で、別部署の業務のヘルプに行く必要があり、早めに出勤する必要がある。非常にだるい。なんとなく、上手く説明できないけど体調がおかしく、生理が来るかもしれないと思ってナプキンを保険でつけていく。カレンダーで周期を確認するとちょうど予定日だ。感覚が冴えている。生理きたら今日の業務は非常にだるい。これも組織の一員だから仕方ありません。業務命令なので行くのです。昼食を食べる時間があるかどうか微妙な線だったから、通勤途中のローソンでカロリーメイトとチョコレートを買って、兵糧米のように持参した。阿部芙蓉美を聴きながら行く。Twitterのフリート機能に載せると、さっそく聴いてくださっているフォロワーを観測。とてもうれしい。すりガラスのような歌声。一度聴いたら忘れられない。

沈黙の恋人

沈黙の恋人

  • provided courtesy of iTunes

 仕事。ヘルプは午後過ぎまでの予定。途中から強い腹痛。おそらく生理痛。錆びた釘がお腹の内部で暴れまわっている感じ。これでも生理痛は軽い方のため、涼しい顔で業務する。今朝の勘は当たったけれど誰も褒めてはくれない。結果的には平和だったし、他部署の同世代の職員とも打ち解けられてよかった。そのうちランチにいく約束もした。職場の人と気負わない会話をしたのは久しぶり。めちゃいい人たちだった。同室で仕事したい。そういう平和なメンツで仕事出来たらどんなにか平和なのにな。

 同室の非常勤さんにりぼん展の招待券を貰う。興味がないから要らないんだとか。ラッキー。実は私も先日、高島屋で買い物した時に招待券を貰ったから手元には2枚ある。同居人も漫画大好きで興味深々だったからふたりで行こうかしら。女性ばかりの展覧会でも気にしない人だから気楽でよい。

f:id:hazukikose:20210225204717j:image

 お腹が痛いから仕事にならず、19時ちょい前に退勤。帰宅して速攻で鎮痛剤を飲む。ロキソプロフェン派。30分でなんとなく効いてくる。自宅からリモートで自分のパソコンにつなぎ、ちまちま業務を消化した。

 今月、仕事で交流のあった人が転職で辞める。それが退勤前、小耳に入った。とても残念であると思うのと同時に、自分の感覚が間違っていなかったなと改めて思う。私の職場はどちらかというと「転職で来る場所」で、「転職していく場所」のイメージはない。けれど、最近は転職していく人がちらほら発生している。今の職場の惨状を見ている限りは、転職したいと思うのも無理はないと感じる。私の前任者も転職でやめているからよくわかる。人が少なすぎてあちらこちらで崩壊しているし、実態と制度が追い付いていないし、誰が何を担当しているのかわけが分からない状態。統率がとれておらず、わけもわからず怒られる。私は疲れました。
 今回辞めた人は私よりもぜんぜん年上で、転職に年齢は関係ないんだなと思う。その人が優秀なだけかもしれないけど。年齢を言い訳にせずに行動しないといけないなと思う日々。ここ最近は業務過多により余裕がないため、あまり行動が取れていない。繁忙期よ終われ。

 22時くらいに同居人帰宅。肉うどんともやしのナムル。厚揚げの表面をカリカリに焼いたやつ。醤油と生姜で食べる。

f:id:hazukikose:20210226071642j:image

  お腹がダル重でベッドに横になっていたらそのまま寝落ちしてしまったらしい。翌朝起きると、洗濯も皿洗いもしてあって申し訳なくなった。

 

 

 

阿部芙蓉美さん、歌い続けて欲しい。爆発的に売れて欲しい。)