高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

月末感

 2月28日(日)。本日も春の陽気。花粉の気配。

 2月も最終日。あっという間に終わった気がする。体感的には師走よりも一瞬で過ぎ去った。後半から業務が立て込んで慌ただしかったからだろうか。今月は仕事以外のことを何もできていない気がして口惜しい。好きなものをたくさん読んだり、興味あることを勉強したりして忙しくしたかった。仕事に忙しくなんてしたくなかった。

 8時前に起床。昨日買い込んだ食材をシバく。ほうれん草(二束)を茹でて、おかか和えと胡麻和えを半分ずつ作って冷凍。鮭の塩焼きを作って一つずつラップに包み冷凍。鶏もも1キロを100グラムごとに切り分け、筋を取って塩と砂糖で揉み、ジップロックに入れて冷凍。米を三合炊いて、適当な量をラップで包んで冷凍。これらの行為はすべて未来のための投資だ。忙しい時のためにいま頑張っておく。いまを楽しめない休日なんて空虚だけれど、余裕のある今やらないといずれ苦しくなるのだから時間の使い方は難しい。

 9時ごろに同居人起床。冷凍の小さなフランスパンを焼いて、4割引きで買ったシャウエッセンを挟んでホットドッグもどきを作った。チーズを挟み、ハニーマスタードとケチャップ、フライドオニオンをトッピング。美味しいものを美味しいもので挟み、美味しいものをかけているのだから当然に美味しかった。

f:id:hazukikose:20210228222426j:image

 10時ごろに家を出て、最寄りのイオンに向かう。イオンは2月を持ってポケモンGOのスポンサーから外れるらしく、イオン内にあるジム(バトルやイベントが起こるスポットみたいなもの)が無くなる。私はあまり熱心なプレイヤーではないから、散歩途中に遊ぶ程度だけど、イオンには週末になると結構な数のプレイヤーが集まっていた。今日もなんか多い。ポケモンGOのスポンサーになることで、イオンでついでの食事や買い物をする人が増える一方で、マナーの悪い人もいて苦情も多いのだろうね。難しいね。諸刃の剣だね。無印良品KALDIユニクロを物色して帰宅。

 今日は最果タヒ展のガイドブック『一等星の詩』を読んでいた。これはいろんな人が寄稿していて面白かったのだけど、千葉雅也さんの文章が興味深かったな。人は子供の頃は真に無意味に遊ぶことができたのに、成長するに従い意味の呪縛から逃れられなくなるという話。確かにそうだよなあ。私はつねに物事に意味を求めることが必ずしも正解ではないと思って生きてはいるけれど、そう思うこと自体がすでに意味から逃れられないことの証左だったりするよな。大森静佳さんの短歌や安川奈緒さんの詩もよかった。

f:id:hazukikose:20210228222513j:image

 15時の精神が落ち着く薬はバウムクーヘンなど。朝からあちこち歩き回ったから、糖分摂取して一気に元気になった。常に低血糖気味だから定期的な糖分摂取は必要不可欠という大義名分のもと、少しでも美味しく糖分を得ることに全力を注いでいる。どうせ太るなら美味しいもの食べて後悔せねばならない。適当なものを食べて太るなんて絶対いや。最近はそう思いつつある。

f:id:hazukikose:20210228222416j:image

 夜。最近ふたたびお好み焼きブームが再燃。今日は余った豚バラスライスを焼いて入れた。豚バラだから当然に美味しかった。思えば今日はほとんど炭水化物しか食べていない気がする。これはまずいかもしれないが後悔はしていないから良し。今のところはよし。

f:id:hazukikose:20210228222403j:image

 食後はふたりともサクッと入浴しそれぞれの時間を過ごす。月末なので家計簿の締めをする。今月は食費を二人で3万円に抑えられて御の字。これだけ毎日おやつばかり食べているのに頑張っている方だと思う。今月も黒字に終えることができた。いざというときにパーっと楽しいことに使えるように来月からも身の程をわきまえて頑張る。

 その後はパソコンをカタカタしたり、本を読んだり、Twitterのタイムラインを舐め回すように見るなどして12時すぎに就寝。明日は嫌なことが山積みだから行きたくありませんが行きます。生きます。