高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

路上でみんな怒っているみたいだ

  やっとの思いでたどり着いた土曜日。8時ごろに起床。よく眠れた。起き上がると身体中が軋んで痛い。立つとお腹やお尻が弛んできている。歳を重ねてみて、やっと大人たちがわざわざジム通いしてまで運動する理由が分かる。日常生活で動いているだけじゃ足りなくて、意識的に維持しないと身体が衰えていく。最近は寝る前の筋トレやストレッチすらできていなかったから、長時間いい姿勢を維持できないくらいには身体がなまってしまった。これが歳を取るということなのか。

 朝風呂を済ませ、コーヒーを飲んで外出。栄駅へ向かう。今日は心療内科の日。自分が病んでいることを再認識する戒めの日です。駅付近では、名古屋市長選挙を翌日に控えているからか、市民団体の演説が目立つ。路上でみんな怒っているみたいだ。
 診察では、上司が変わり問題なくうまくいっていること、仕事量が増え過ぎて残業続きであること、ストレスはあるがただ単純に忙しいだけでメンタルへの影響はないことを話した。このまま9月ごろまで今の量の薬を飲み続け、それまで何も問題がなければ徐々に減らしていく方針となった。こんなに時間がかかるのか、と気が遠くなる。1〜3ヶ月の休職で復帰できないひとが多いのにも納得。

 通院した後は好きなものを買っていいと決めている。栄に出たついでにラシック(というお洒落な百貨店)に行き、北野エースで燻製オイルサーディンやレトルトカレーを買った。ついでに少し歩いてMARUZENに行き、ちょっとばかり本を見るつもりが思いの外買ってしまった。残業代のせいでお給与が多かったから財布の紐が緩んでいる。けれども本を買えるのはいい気分だ。アホほど働かされているからこれくらいは許されるだろうと思う。問題は読む時間が全然足りないこと。部屋には積読本がいっぱいだ。

f:id:hazukikose:20210425003652j:image

 昼食。早速オイルサーディンを使いたくて、バケットの上にピザ用チーズとサーディンを乗っけて、塩胡椒を削りグリルで焼いた。めちゃくちゃ美味しくてお店の味がした。毎日これでもいいかもしれない。

f:id:hazukikose:20210425003700j:image

 掃除をしている途中、同居人から、フジファブリックのツアーのチケットに当選したと聞く。Zepp Nagoya。コロナの影響で観客数を間引いているから当たらないかもと覚悟していたけれどなんとかなって嬉しい。やっとライブに行けるかもしれない。好きな音楽を応援しに行けることは当然に嬉しい。
 いつでも聴きに行けると思っていた音楽が、コロナを期に、行きたくても行けないものになってしまってもう1年以上が経つ。今日もまた、東北のアラバキが中止になったというニュースがあったし、また自粛ムードになりつつあるから、もしかしたらこのチケットもまた泣く泣く諦めることになるのかもしれない。もう自粛には飽き飽きしたし疲れてしまった。なんでだよ、っていつもいつも思っている。国民に自粛を呼びかけるんじゃなくて、会社などの雇用主に自粛を呼びかけて欲しい。なんでも国民の判断に委ねて自粛させて、文化的なイベントは問答無用で注意に延期だなんてね。

 夜ご飯。ラクレットチーズが食べたくて、予約していた店にいく。図らずもこれが外食納めになりそうな気がしてくる。名古屋駅付近は外食の駆け込み需要からかやたら人が多かった。ここでもそこかしこで選挙演説や市民団体の呼びかけが反響している。みんな怒りを抱えているような気がする。お店ではチーズをたらふく食べて脳内麻薬がたくさん出た。

f:id:hazukikose:20210425003836j:image

f:id:hazukikose:20210425003839j:image

 帰宅して、お風呂に入って就寝。明日は選挙にいかなくちゃ。

 

      

(今日買った本。しあわせ。)