高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

死にはしないが

 火曜日。とにかく肌が痒い。ついにこの季節がやってきたのかと実感する。肌をよく見てみると、謎の蕁麻疹があちこちにあるし、首筋や膝の裏、肘の裏などの太い血管が近いところが軒並みピンク色になってゴワゴワに爛れている。変なものを食べた心当たりはない、

 私が私としての物ごころがついて以降、身体中のどこも痒くなかったことなんて一度もない。常にどこかは荒れ、異常を抱えていた。肌が弱く、アレルギー体質。汗や乾燥など、環境的なストレスにめっぽう弱い。慢性的に湿疹があって、変なものを食べれば変な蕁麻疹が出る。
 とはいえ、この肉体で生きてきて二十余年、この体質との付き合い方もわかってきている。この手の皮膚の炎症は根本的な治療が限りなく難しい。結局は体質によるものだから、予防をすることと、炎症が起きたらそれを治す対症療法の2つしか方法しかない。自分に合う医者を見つけ、自分に合う薬を見つけた。下着は綿に買い替えた(でも最近の化繊はあまり荒れない)。日頃のスキンケアを確立してきた。肌が荒れないように、いい空気清浄機と加湿器を揃えた。炎症をなるべく起こさないために、大好きだったお酒をやめた。だから今では、一年間のほとんどは、何事もなく生活できている。炎症が起こっても耐えられない程ではないし、いざというときの薬は手元にある。それでも、どうにもできない季節がある。夏だ。

 冬は乾燥が大敵だけれど、まあなんとかなる。クリームをたくさん塗って、厚着して、霜焼けや乾燥に注意さえしていれば何事もなく終わる。でも夏はそれが難しい。日差しと汗が大敵なわけだけれど、日差しを防ぐために長袖長ズボンを着るわけにはいかないし、いくら薄着をしたって汗を防ぐことは不可能。常に冷房の効いた部屋にいるわけではないから、通勤や外出時に汗をかき、肌が荒れていく。もちろん仕事のストレスでも荒れだす。生活しているだけで肌に不快感が募っていき、くるおしいほどの痒みが全身を襲う。死にはしないけど、生き地獄だとは思う。

 子供の頃に、皮膚科の先生が「あなたは肌にふれる服や刺激や空気そのものがストレスで、それとずっと闘っていかなければいけない」と言ったことを思い出す。そんなの生きていちゃいけないみたいじゃないか、と子供ながらに思った。私の肉体は世界を拒絶しているのだろうか。

 コーヒータイム。山崎パンのマリトッツォを合わせる。KALDIみたいに生クリームではなくて、ホイップクリームだけれどおいしかった。これを低価格で量産できるのは本当にすごい。キウイもたべた。

f:id:hazukikose:20210609183436j:image

 仕事。とにかく面倒なことが発生して頭を抱える。何もここに書けずに自分で抱えるしかないことがつらいけれど、端的に言うと、ある部署が自分たちのプライドのために本来私の部署がやるはずの仕事を間違った方法で行ってしまい、それを正しい方法に改めようとすると、その部署のプライド的に不都合が生じるという面倒な話だ。図式は大体そんな感じ。しかも、いまから正しい方法に改めようとすると、ある部署がまちがった仕事をしたその得意先に不利益があるというわけだ。しかも、得意先は間違われたことに全く気づいていないし、おそらく今後も気づかずに、そういうものだと思うだろう。

 こちらとしては、正しい方法に改めて欲しい。もし仮に得意先がその間違いに気づいた時、責任を問われるのはこちらだ。その仕事をやる窓口は本来こちらで、他部署の人が勝手に間違った案内をしているから。ただ、他部署は自分たちの間違いは認めるが、得意先を刺激するようなことはしたくないのだそうだ。気持ちはわかるが、それは他部署の人が勝手につっぱしったから起こったことで、なんとか正しい方向に進んでほしいと思うのだけど。組織のしがらみに巻き込まれ、悩ましいことになっている。私では手に負えないので、偉い人が出てきてくれないだろうか。そのための管理職だと思っている。

 帰宅途中、無性にチーズを食べたくなって近所のローソンへ寄るも、狙っていたさけるチーズがなくて落胆。キャンディチーズを買って帰った。ご飯は冷麺とアボカド。アボカドは熟していると思ったのに内側が硬くて野菜みたいだった。がっかり。

f:id:hazukikose:20210609183424j:image

f:id:hazukikose:20210609183414j:image

 同居人は仕事がなかなか終わらないようで、遅くなるとの連絡がきた。ビルメンテナンス業は大変そうだ。皿洗いをした後は、ひたすらポケモンスナップをやって待っていた。結局帰ってきたのは0時過ぎだったと思われる。私は耐えきれず1時前に就寝。