高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

オタクは黒が安心する

 4連休初日。9時ごろ起床。洗濯物を処理しながら、この4連休はそもそもオリンピックのためなのだな、と改めて思うが、オリンピックが開催されるという実感が薄い。信じたくないだけなのかもしれない。どうしてこんなことになってしまったのだろう。

 今日はいい天気だし、同居人と豊田市美術館で開催されているモンドリアン展に行こうとなった。職場のひとに招待券を一枚もらったから、あと一枚買えば二人で入れる。職場の人に圧倒的感謝。車で豊田市駅周辺へ。松坂屋豊田店の一階にある「たこ八」というたこ焼き屋さんで明石焼きを昼食として食べた。この松坂屋はもうすぐ閉店する。たこ八が閉店後どうなるのかはまだ決まっていないらしい。高校生の頃から通っていた思い出の店だから、無くなるのは悲しい。チェーン店だけど、店舗は他に大阪と三重の2店舗しかない。もう気軽に食べれなくなってしまう。明石焼きを食べられる店はいくらでもあるけど、私がいちばん美味しいと感じる明石焼きはどうしてもここだった。

f:id:hazukikose:20210722213303j:image

 その後、美術館へ。昼下がりの時間帯で日差しが強い。猛暑だ。猛暑なのに黒い服で外出してしまったことを後悔する。黒は好きだ。同居人に「オタクは黒に惹かれる」と言われる。同居人の服も黒とか濃い色ばかりだ。
 豊田市美術館は私が通っていた高校の近くにあって、私の高校に通っている学生は、学生証を提示すると無料で入場できたから、高校時代は頻繁に通っていた。谷口吉生建築のだだっ広い建物内をあてもなくぶらぶらして時間を潰していたことを思い出す。この美術館の館内は白い壁がどこまでも続いていて、鉄とガラスの典型的なモダニズム建築という感じ。高台に建っているから、館内に唐突に現れる窓ガラスからは豊田市が見下ろせる。私にとってはただ歩いているだけで楽しい場所だ。

f:id:hazukikose:20210722212932j:image

f:id:hazukikose:20210722213233j:image

f:id:hazukikose:20210722212928j:image

 ここに初めて来る同居人は「すごい!カネの力を感じる!」としばし感動していた。私もこれはトヨタ自動車からの税金の力だろうなと感じる。この美術館にはクリムトの18億円くらいする絵画があって、それはトヨタ自動車の寄付金で購入したものだ。地方都市にこんな恵まれた美術館があるのも、地元の力を持った会社のおかげというわけだ。文化的なものを保護したり集めたりするのにはやっぱりお金が必要なんだなと感じる。お金持ちがこういうところに投資してくれるのは嬉しいけど、まあそうだよなぁと悲しく思う。行政だけじゃここまでできなかったのだろう。

 夜はリクエストにより焼肉。同居人は一人暮らし時代は毎日夜は外食かテイクアウトだったから、私と暮らし始めて、健康診断であらゆる数値が改善したらしい。改善したが、体重がびっくりするくらい痩せたらしい。これまでがどんだけカロリー過多だったのかという話だが、痩せすぎてDVを疑われてもたまらないからたまには高カロリーのものを食べてもらうと思う。ご飯も野菜も食べずにひたすらに肉を食べていた。

f:id:hazukikose:20210722212916j:image