高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

うれしかったことしか覚えていない

 月曜日。月曜日は社会復帰のリハビリだから、ほどほどに頑張りたいマインドで起きる。今朝は朝焼けがきれいで時間感覚がバグりそうになった。定時で帰ってきたみたいだ。

f:id:hazukikose:20211108234902j:image

 仕事。週の始まりから悲惨。業務量があまりに多すぎてみな無口だ。無駄口を叩く余裕がなくなっている。私は週末にスーパーで安く買ったマウントレーニアを持参していて、昼休憩にそれを飲むことをささやかな楽しみに仕事した。我ながら健気。

 帰宅して全部のせカレーを食べた。チキンのソテーとウインナー、チーズ。それ以外に作る元気がなかったのだ。週の端からジャンキー。

f:id:hazukikose:20211108234854j:image

 食後は石黒由紀子『猫は、うれしかったことしか覚えていない』を読んだ。猫好きのための愛に溢れる平和な本だ。難解な本もハラハラする本も面白いけれど、疲れて脳みそに血が回っていない時にはこういう文章を求めることだってありだと思う。

f:id:hazukikose:20211108234831j:image

 それにしてもこんなに素晴らしい題名があるのかと圧倒された。猫は、うれしかったことしか覚えていない。心の底からそうあって欲しいと思う。猫はこの世の嫌なものから可能な限り無縁であって欲しい。1時ごろ就寝。

 

(読んだ本。)