高等遊民前夜

毎日やっつけエブリデイ

久方

 日曜日。休日。10時ごろ起床。正直寝足りないけれど無理やり起きる。今日はKing Gnuのライブに参戦予定。正直当たると思っておらず、当たれば行こうと思っていたら当たった。コロナ禍でいろんなミュージシャンのライブが中止や延期になったりして、推しは推せる時に推さないとだけなんだな、と心の底から思うなどしたから、今後はタイミングとお財布の事情さえ合えば行けるようにしたいなとは思っている。

 先日、家主というバンドを発見して、同居人に強くおすすめしていた。初めて家主を聴いた時に「あ、くるりピロウズあたりが好きな人には100%刺さるな」と思い、生粋のピロウズファンの同居人に布教しておいたのだ。それが見事に大当たりだったらしく、朝からずっと家では家主の音楽がかかっていた。私もこのバンドのギターボーカルの田中ヤコブの存在は知っていて、ソロで活動していたのも知っていたけど、バンドまでは把握していらずどハマりしている。今は言葉数の多い凝った音楽が流行っている印象があるから、こういうシンプルな日本語ロックもしみじみ良いなと思う。もうすぐ新譜が発売になるらしい。売れて売れて音楽だけれ生活していて欲しいと思う。

家主のテーマ

家主のテーマ

  • 家主

 昼過ぎごろ、常滑市へ向かう。今日のライブ会場はセントレアにほど近い国際展示場。同居人は「空港に行くなら絶対飛行機コスプレのピクミンが欲しい!」と息巻いている。名鉄で空港までは一本でいける。それはとても便利だけれど、名鉄は同じホームに行き先の異なる電車が来るため、田舎根性丸出しの私はいつまで経っても慣れない。日本全国の電車で一番難しいと思っている。というより、愛知県民のほとんど全ての人が名鉄の複雑さを認識していると思う。ホームに到着した快特車両に乗り込んで1時間ほど乗ればすぐに中部国際空港に着く。明らかに行き先が同じらしい人の流れについて行くと、5分ほどでもう会場に着いた。

 とりあえず物販の列に並び、どんな感じか冷やかしてみようとなった。20分ほど並んでやっと物販の会場入り。ところがタオル以外はすべて品切れ。入り口のところに売り切れ一覧表示しとけ!とツッコミつつ、物販のサンプルをまえに記念写真を撮った。なんということでしょう。

f:id:hazukikose:20211212225348j:image

 とはいえライブ自体が久しぶりでとても楽しみでワクワクしていた。ライブもとてもとても良かった。まだツアー中だからネタバレはしないようにするけど、どうやらこの日の会場には井口さんのお母様が来ていたらしく、親の前でよくぞここまで…と思うような際どいパフォーマンスをしていたのがとても味わい深かった。めちゃくちゃプロだ。親の前であろうともいつもの井口のままだ。あと今日の会場では新曲は聴けなかった。残念。他の会場ではやったりするのかなあ。

 ライブ終了。セントレア内の飲食店で夜ご飯を食べて帰ろうと思っていたけれど、思ったより店が閉まっていた。特に国際線のターミナルは国外からの入国が制限されているのもあってか不気味なくらい無人でゴーストタウンさながらだった。急足で帰る。

 帰宅。近所のスーパーでおつとめ品になっているお寿司を食べた。近所で手軽に寿司が帰る幸せを噛み締める。立ちっぱなしのライブの後でふくらはぎとお尻の筋肉が痛い。もう若くないんだろうな。1時くらいに就寝。

f:id:hazukikose:20211212225401j:image