高等遊民前夜

ただの日記です。たまに考えごと

源泉とは

 火曜日。曇天。疲れが抜けずに起床時から既にへとへとになっている。私の心情を天気が表現してくれている気分になる。

f:id:hazukikose:20220120080532j:image

 職場へ行くと源泉徴収票が出ていた。昨年より60万円(すべて残業代)増えたけれど、騒然ながらその分引かれる税金とか社会保険料も増えて悲しくなってしまった。よく「週5日で働くうち1日分の給与が引かれてしまう」と例えられているのを聞くけどまさにそれ。20年前から給与額は据え置きなのに税金と社会保障だけは増えているから、若い人が車を持てないのも結婚子育てが遅くなるのも、そりゃそうだよね~と同僚がぼやいていた。いまだに実家暮らしをしている同期も多い。実家にいたい理由があるというよりは、貯金をするために実家にいるという感じだ。私は自由を買うために当初から一人暮らしをしていたけれど、新卒時の給与を見たら今の半分もなかった。よく暮らせていたなと思う。

 22時過ぎにそろそろ帰宅しようかな、どうかなと思っている時に、「これ確認よろしく!なる早で!明日の7時までにね」という添付ファイルが12個もついているメールが来て怒り狂ってしまった。ここの勤務体系はひたすらに狂っていると思う。そもそも私の始業時間は8時半だから、このメールは、今から夜通しで残業してやれと言っているようなものだった。失礼窮まりなさすぎる。
 私の仕事、ここのブログでは激務であることを隠さず書いておりますが、新卒採用用のパンフレットなんかには「残業平均は月10時間!」って書いてあったりする。これはごくごく一部の部署の話で、たいていの部署においては大嘘です。詐欺だとおもう。就活者のみなさまには、残業時間や有休の消化率ではなくて、休職者の多さとかを聞いた方がいいんじゃないかって思うよ。残業時間は聞いたところでほとんど嘘ですからね。

 結局終電で家に帰った。帰宅したのは1時前。徒歩で帰られる場所に住んでいたらどうなったんだろう。こんな文化滅んでしまえばいいのにって思う。