高等遊民前夜

ただの日記です。たまに考えごと

愚痴を聞いてくれないか

 金曜日。愚痴を聞いてくれませんか。普段オンでは愚痴を言わない人間なので。あ、ありのまま、今日、起こった事を話すぜ!

 私が最近仕事に忙殺されていることは、このブログやTwitterをご覧いただいている人はご存知の通りだと思う。知らないかたのために紹介すると、私の仕事は、色々なトラブル案件の対応とか、それにまつわる研修とか、職場内の規律の整備とか、そういった法務的な仕事をしている。単刀直入にいうと面倒極まりない仕事だ。数千人規模の職場で私の部署には人員二名。今までは二人で命からがらなんとか運営できる業務量だったわけだけれど、今年度は仕事が激増している。今日時点までの業務量が単純計算でも昨年度一年間の6倍強(ただし、一案件あたりの重さは加味しない)。加えて昨年度より難しくてセンシティブな案件が増えている。残業をしてもしてもしても終わりの見えない毎日だ。ここ最近は深夜まで残業して、帰宅して風呂に入り、自宅からテレワークをして、少し寝てまた出勤する日々になっている。

 ところが今日、課のボスから、別の係(A係とする。)の仕事をもらってくれないかと打診があったのだ。最近、産休に入った人がいるのだけど、育休代替の非常勤の求人をかけても応募がなかったらしく、人手がいないのだそう。(まあ、アホみたいに安い報酬で募集しているのだから無理もない。)仕方なくA係の係長が産休育休に入った人の仕事を全て被ろうとしていて、それはまずいから別の係にやらせようとなったらしい。それが私たちの係だったわけだ。よりによって一番残業をしている私たちに。

 しかしですね、A係は今年度から人員がプラス2をしており、人手的にはもともと余裕があるはずだ。普段は全員18時台には帰宅しているし、仮に産休育休でひとり離脱したとしても、昨年比でプラス1の人員。どう考えても余裕はあるはずなのだ。

 かたやこちらの係は昨年のすでに忙しく、人員要求をしたけれど聞き入れられなかった不遇な係だ。さらに昨年度いた前上司は激務によるメンタルブレイクで離脱し、私がひとりで仕事をしていたこともある。前上司はいま時短でこの係に復帰しているけれど、そもそもの仕事が増え過ぎて回っていない状態なのだ。今の時点で毎日終電間際までの仕事をしているのに、ここにひとり分の仕事が増えたらさすがに死んでしまう。

 そもそも課のボスの認識が甘すぎる。前上司がなぜメンタルブレイクしたのかを全く理解していなくて、「前上司ヒマでしょ?やらせればいい」と言ってのけたのだ。でも、前上司は鬱からの復帰のために時短で勤務しているのであって、酷使するためにいる人ではない。課のボスがそんな認識だから前上司は潰れたのだ。さらに、月45以上残業する場合に提出しなければならない36協定に基づく申請書を、私と現上司が提出しまくっているのも知っているはずだ(申請書は課のボスが判子を押すのだから)。私がストレスで腎臓壊したり胃潰瘍になったりして休んだことも知っている。もう私の係が悲鳴をあげていることを知っていてなお、こちらに仕事を投げようとしている。

 そもそも産休育休に入る人は何も悪くなく、人がいなくなった時の対処をするのが管理職の仕事のはずなのだ。産休に入る時期だって事前に分かっていたのだから、事前に業務を振り分けておくべきだったのだ。非常勤という便利な労働力をあてにしすぎだ。私は、残業していないところが残業すべきだとは思わないけれど、毎日30分程度の残業で帰っているA係内で業務を振り分けず、あえて毎日5〜6時間の残業をしている私たちへ仕事を投げようとしている管理職の判断を疑う。私の係は目の敵にでもされているのだろう。私と現上司が潰れても構わないらしい。命を軽んじられている心地がする。管理職がすべて悪い。

 な…何を言っているのか、わからねーと思うが、おれも、何を言われたのか、わからなかった…。(ジョジョのこのネタ、どこまで通じるのだろうか。)とりあえず、私はいつも通っている心療内科で念のため判断書ももらっているし、いつでも課のボスと戦う準備はできているから、今後の動向を見守りたい。現上司に恨みはないからなるべく休職をして迷惑をかけたくないけれど、このままだと係全員共倒れしてしまう。

 最後に平和や話題でも。今日美味しかったお菓子です。チーズおかきおいしいよね。高いけど。

f:id:hazukikose:20220123131252j:image