高等遊民前夜

日記と考え事のログ

再会

 金曜日。散らかっているけれどいい朝日が入っている部屋。立春を過ぎてから朝が日に日に明るくなっている。冬場は、暗いうちに出勤して暗い中を帰ってきていたから明るい世の中を見るただそれだけのことに喜びを感じてしまう。そろそろツイッターで仕事辛い系別アカウントでも作ろうかしら。

f:id:hazukikose:20220220152607j:image

 仕事。昨日は定時でかえって泥のように眠ったからだいぶマシになってたのだけど、やっぱりしんどかった。あまりしんどい様子を見せて仕事をしたのだが、正直取り繕っている余裕すらなくグロッキーな心身で仕事をした。周囲から見たら不機嫌そうに見えて社会人失格かもしれないけど今日ばかりは許してほしいと願った。たぶん生活習慣が乱れ過ぎて免疫がボロボロになっているから、普段なら薬で抑えられているカビ・ダニアレルギーの症状も出まくりで泣きっつらに蜂。何もかも最悪だった。上司は今日も私よりも早く帰っていった。地獄はどこまで続いていくのだろう。私は0時前に退勤。終電に乗って帰った。

 帰宅すると同居人が東京での3週間の研修を終え帰ってきていた。久しぶりの同居人だ。ソファで寝そべっている同居人に埋もれて私もそのまま眠った。