高等遊民前夜

ただの日記です。たまに考えごと

LASA

 火曜日。朝イチで思いっきり曜日勘違いツイートをしてしまって恥ずかしかった。私の生活の中には現在、曜日の指標になるものがほとんどありません。平日か、休日か。ただそれだけ。曜日ごとに楽しみにしているテレビ番組もないし、ラジオも全然聴けていない。仕事は場当たり的なもので、ルーティーンがないから曜日ごとにやることなどない。このブログを書く時と、かろうじてゴミ出しの時に曜日を意識するくらいだ。

 昨日買った花を飾った。これはTOMEIの吹きガラスによる花瓶。ふるさと納税(福岡県宗像市)の返礼品だ。吹きガラスなのに色合いが均一で技術の結晶だな、と思って眺める。

f:id:hazukikose:20220323133855j:image

 仕事。年度末だからか、いろんなところで引っ越しの話を聞いた。引っ越し業者が捕まらないとか、仲介業者が混み過ぎとか、いい物件がないとか。私にとって、実務的な引っ越しは面倒極まりないものだが、概念的なものしての引っ越しは好きだ。引っ越しは転機そのものだし、古い生活を手放して新しいものを手に入れることだそのものだと思う。ポジティブなイメージが強い。私の知人にも何人かいる。自分が変わりたいと思ったときに引っ越しをする人や、人生の節目で必要もないのに引っ越しをする人が。
 私はずっとずっと実家を出たかった類の人間だから、初めて引っ越しして一人暮らしを始めた時の感動がいまだに忘れられない。お金がないなか無理やりに家を飛び出たから、段ボールとニトリで2000円くらいで買った敷布団セットしかない部屋は、何もないのに欲しかったものすべてを手に入れた感覚だった。これからは親に干渉されず、束縛されず、自分で意思決定して生きていける。そのことに陶酔し、就職してからも一年以上は極貧生活が続いたけれどまったく気にならないほどだった。そんなだから引っ越しという概念が好きなのかもしれない。

 今日は早めに23時ちょい前に退勤。この時刻を早めと言っている段階で私もすでに真っ黒に染まっているのかもしれない。ともあれ今日は藤井風の新譜「LOVE ALL SERVE ALL」のフラゲ日。アマゾン様が優秀であれば本日届いているはずなのだ。足取り軽く帰宅。ポストに中にあのボール紙の梱包がある。来てる来てる。寝るまでエンドレスリピートした。歌詞カードがいい感じのざらざらした紙質で心地よい。今のところ一番気になっている曲。

ガーデン

ガーデン

  • 藤井 風

 「きらり」とかアップテンポで明るい曲ももちろんいいんだけど、やっぱり藤井風は引き語りの人だから、結局シンプルな構成のバラードとかしっとりした曲がじわじわよくなっていくという感じ。絶対ライブ映えすると思う。「それでは、」という曲もよかった。まだ初回特典のカバー集を聴いていないから、それは明日以降に。

f:id:hazukikose:20220323133848j:image

 

(初回盤は今が底値ですよ。)