高等遊民前夜

ただの日記です。たまに考えごと

銘菓

 金曜日。朝からほどよい風が吹いていて心地いい。観葉植物に水をやり、室外機の上に安置。室外機に置くのがいいか悪いかわからないが、地べたにおいて地熱と照り返しにさらされるよりはいいんじゃないかと思う。そろそろベランダに植物たちの棚でも置きたくなってきたお年頃。

f:id:hazukikose:20220410184655g:image

 ワイヤープランツ(右)、恐るべし速度でみるみる伸びる。雑草もびっくりな雑草根性だ。水が大好きだけど水切れするとたちまち枯れる植物だから、晴れの日はたっぷり水をやって出かけている。これまでの失敗も活きているのか土の湿り具合とかがだんだんわかってくるようになった。もう枯らさないからなという強い意志でお世話をさせていただいている。

 仕事。弊職場では今年度からカスペルスキー包括契約で使っていて、職場の人間は誰もがみんなカスペルスキーをインストールしている。今朝のNTTがカスペルスキーの仕様をやめたというニュースを耳に入れたのか、お偉方が「今すぐほかに乗り換えろ!」と騒ぎ始め、職場は混乱していた。きっと日本中のあらゆる会社が同じような騒ぎになっているんだろうと思う。カスペルスキーは信頼できるソフトなんだけど、プーチンに掌握されたときが怖いよね、という話だろうと思う。にしても急には変えられないだろうか、契約業務を行う部署は大変だろうな。
 職場の優しい人がカエルまんじゅうをくれた。そのやさしさで労働を乗り切った。

f:id:hazukikose:20220410184324j:image

 終電で帰宅。ミスドの抹茶のやつを食べる。帰路に深夜までやっているミスドがあることの喜びをかみしめていた。今回の抹茶はあたりだと思う。このほうじ茶のものもおいしい。私は何かの間違いで富豪になったとしても、変わらずミスドを食べて喜んでいるような気がする。

f:id:hazukikose:20220410184326j:image