高等遊民前夜

ただの日記

ささやかな弔い

 月曜日。海の日。夏に海や祭りに行かなくなって久しい。コロナ禍だからではなく、単純に長らく行っていない。もともとそういった場所に自ら進んで行くような太刀ではなく、誰かに誘われないと行かない。夏は暑くて不快なのに日差しは陽射しはいやにきらきらして、行楽地は人で混み合っているその感じが苦手なのだ。夏の風景やイメージ画像を眺めて概念として夏を慕うくらいがちょうどよかった。幸い同居人もアクティブなタイプではないから助かっている。ということでこの三連休も大した外出一つすることなく終わりそうだ。

 駄菓子屋プチプチうらないチョコレートを食べた。この駄菓子が無性に好きで見つけると買ってしまう。見た目の愛くるしさと、占いができる遊び心と、シンプルにチョコが美味しい。


f:id:hazukikose:20220720225630j:image

f:id:hazukikose:20220720225634j:image

 夕方にホームセンターへ買い出しへ行った際に植物を持ち帰った。カランコエの子宝弁慶草。メジャーや品種だけれど売っているのを見たのは初めてだった。葉から子株がどんどん生えてくる、驚異的な繁殖力を持つ植物。縁起がいいから子宝弁慶草と名がついているのだろう。購入時は葉に子株がたくさんついていたけど、植え替え中にぽろぽろ落ちてしまったから別で養生することにした。


f:id:hazukikose:20220720225555j:image

f:id:hazukikose:20220720225548j:image

 ついでにミスドをテイクアウトして午後のおやつに食べた。よりによってカロリーの塊みたいなものを選んでしまう。三連休唯一の贅沢だと思いかけるが、先日高価なハンバーガーを食べたばかりだった。反省。

f:id:hazukikose:20220720225518j:image