高等遊民前夜

日記と考え事のログ

鶏のささみのカリカリ

 食材が高い。スーパーに行くたびに、もはや何を食べろっていうのだと思う。少し怒れてくる。お肉はもちろん高いし、魚も「牛肉か?」ってほど高い。分厚い鮭の切り身が食べたいし牛肉のしぐれ煮が食べたい。でも生活は続いていくから、衝動で高い食材に手を伸ばす回数を考えなければいけない。仕方なしに安く売っている鶏肉類を買った。

 今日は鶏ささみで作るカリカリしたやつにした。手間はかかるけれど、お安くおいしく作れるから、お金のない新卒時代によく作っていたものだ。ささみを削ぐように薄く切って、片栗粉をつける。余分な粉を落として、油を引いたフライパンでカリカリになるまで揚げ焼きにする。箸でトントンと触れて硬くなっていたら終わり。好みのタレを絡めて完成。

f:id:hazukikose:20220823075425j:image

 今日は醤油ベースの甘辛だれとすりごまを絡めて食べた。歯ごたえがあって美味しい。鶏皮の唐揚げのあっさりバージョンって感じ。あらびき胡椒をたっぷり入れた塩だれなんかに絡めてもおいしい。とても汎用性のあるメニュー。日本の食文化に生きている人で、この味この触感が嫌いな人ってあまりいないんじゃないかって思う。このまま冷凍もできるから弁当のおかずにもちょうどいい。味の濃いおかずは冷めても美味しい。