高等遊民前夜

日記と考え事のログ

中庸

 金曜日。今月二度目の連休一日目。こうも連休が続くとだんだん働くことから遠ざかり、本当に働けなくなってしまいそうで怖い。私の好きなバンドのスピッツは、年がら年中何かしら働いているらしいけれど、その理由が「休んでしまうと戻って来られなくなる」だった。それに私は心底共感している。年末年始や盆休みの連休が祝日の並びによって想定外に長くなったりすると、私は長い休みをもらえる喜びよりも、休み明けのことを考えて不安になる。社会復帰できなくなったらどうしようか。

 最近、無職やいわゆる社不(社会不適合者のことだ)をポジティブにとらえて、その自由さや放埒さを一つの魅力としてエンパワーメントするというか、全面に押し出す振る舞いがSNSの一部でよく見られるような気がする。無職の日々を逆に肯定的に発信する人も増えた気がする。私もそんな生き方に魅力を感じることはあるし、浮草のように生きてみたいと思ったりもする。実際に私がフォローしている人の中には、さまざまな理由により無職であったり、フリーターをしている人もいる。でも日々その人たちの呟きを見ていると、やはり切実な生活の痛み苦しみがあるわけで、それを一部の人が「自由な生き方」「しがらみのない生き方」みたいな感じで過剰にファッション化していくのってどうなのかな、と思ったりもする。無職やフリーターがポジティブなものになることで救われる人もいるけれど、なんでも極端すぎるとこわい。

 自分の身近な友人にも、最近離婚してなんとかパートタイムで働き始めた人がいる。(ブランクのある主婦がいきなり正社員は厳しいらしい。)最初は「責任のない、いつでも辞められる働き方サイコ〜」と思っていたらしいし、そういった放埒さでツイートしたりしていたらしい。でも、やはりフリーターでは生活はどうにも苦しいようで、SNSでの「無職・フリーターへのあこがれ」との温度差をひしひしと感じているとのこと。ふたりで、世界は無責任だね、という旨の話をした。世の中はいつだって生活を軽んじている。きちんと働くと生活する時間がないし、時間を優先すれば生活ができない。今の世界はなんでも二項対立化が加速していて、白か黒かみたいな両極端な感じになっていると聞くけれど、働くことに関してもそうだなと思った次第。ほどほどに働きほどほどに暮らす、ということがとんでもなく難しい時代に生まれちまったな、とつらつら考えたりした。

 今日の昼食は冷蔵庫の在庫処分丼。うまいものにうまいものを乗せて食べるとうまいの法則。こういうのが真の映えだと思う。素朴なご飯は美味しい。考えすぎると鬱になりそうだから気を抜いて連休を溶かしたい。

f:id:hazukikose:20220923223319j:image